どうやって操作するの?電子書籍の使用方法を学ぼう

電子ぺーパー端末の操作は簡単

電子書籍端末とは電子ペーパー型と液晶タブレット型に大分されますが、その中で液晶タブレット型商品に関しては小型パソコンのような商品のため、やや操作が大変の部分もあります。ただし、電子ペーパー型端末については低スペックな一方で、どんなに機械が苦手なかたでも1日で使いこなせるようになるくらい操作が簡単です。ただしハードルとしては、パソコンなどを使って電子書店にユーザ登録することが必須だという事が挙げられますが、そこさえクリアすれば他に難しいことは特にありません。端末を購入したら、起動にあたって初期画面であらかじめ設定しておいたユーザIDやパスワードを打ち込むことにより、すぐに書籍を購入&ダウンロードできる状態となります。

無線LAN環境がなくても大丈夫

電子書籍端末の中には、3G通信機能が無料で利用出来て、無線LAN通信環境下にいなくても購入した本をダウンロードしたり端末から電子書店にアクセスできる端末もあります。ただし、そういった端末よりも無線LAN通信にしか対応していないタイプのほうが多い状況となっています。では、無線LAN環境を作らないと、購入した商品を端末内に入れられないのかというとそんなことはありません。パソコンと端末をUSBケーブルで結び、電子書店のPCからダウンロードした電子書籍ファイルを、端末内に移すことによって無線LAN環境がなくても購入した商品を端末に入れる事が出来ます。その他、電子書籍端末で読みたいテキストファイルやPDFもUSBケーブルを使って端末内に入れる事が可能です。